トップページ省エネルギー診断

省エネルギー診断

無駄なエネルギーを消費していませんか

熱設備は多くのエネルギーを消費しています。
それゆえに、ひとつの対策で大きな省エネ効果が期待できます。
まずは現在お使いの設備のエネルギー収支診断を実施して、
省エネルギーしませんか?

診断方法

※上記のエネルギー収支は一例になります。

診断内容
  • 1エネルギーINPUT量を測定します。
  • 2ワーク組成と投入量を調査してワークへの必要熱量を把握します。
  • 3排気量・温度・成分を測定して排気損失を測定します。
  • 4炉壁温度を測定して、炉体からの放散熱量を把握します。
  • 5炉体構造を把握して、炉体の蓄熱熱量を計算にて算出します。
熱量 割合
ワーク必要熱量ワークを加熱・水分を蒸発するエネルギー 25%
排気損失熱量炉出入口・排気より放散するエネルギー 30%
炉体放散熱量炉体外壁から放散するエネルギー 40%
その他熱ロス搬送装置及び製品以外の加熱エネルギー 5%
炉体蓄熱熱量炉体に蓄熱するエネルギー(立ち上げ時のみ)
省エネ対策例
正しくエネルギー収支を把握する事で、初めて効果的な省エネ対策を立案できます。
エネルギー収支を分析し、費用対効果を考慮しながら、最適な省エネ提案を行います。
省エネ運転の提案
最適な熱設備マニュアルを作成するなど、最適な省エネ運転を共に考えます。
費用を掛けずに、まずできる事から提案いたします。
ハンドブックの請求はこちら

レキュペレータ付き省エネバーナで排熱回収を行い、大きな省エネを実現した事例をご紹介します。

  • 炉 種アルミ保持炉(4t保持)
  • 稼働時間24時間、300日稼働(年間7200h)
  • ガス種都市ガス(13A)
                発熱量11,000kcal/㎥
燃料使用量 (N㎥/h) (N㎥/day) (削減率)
従来型(排熱回収なし) 14.5 348 -
econextへ交換 9.0 216 37%
省エネバーナ econext の詳細はこちら
このページの先頭にもどる

Copyright (C) Ecology and Combustion Inc. All Rights Reserved.